クラミジア感染を予防

tonic capsules on the floor

抗生物質であるクラビットは、クラミジア治療薬として有名な医薬品です。
しかし、まずはやはりクラビットを使用せずに済ませるためにも、クラミジアの予防について考えてみましょう。

クラミジアは性行為を感染経路として感染・発症する症状です。
性感染症ですので、感染者がさらに別の異性と関係を持つことで、どんどん感染被害が広まっていく危険があります。
そのため、まず第一の予防法として言えるのが、「不特定多数の異性と関係を持たない」ということです。
クラミジアは目に見えない病気ですし、感染してすぐ発症しないことから、本人も自覚症状を持っていないことが多いです。
そんな中で、不特定多数の異性と遊び感覚で体の関係を許してしまうと、どこからか菌を移されてしまうということも少なくないのです。
極力体の関係を持つのは、信頼しきったパートナーだけにしましょう。
そしてクラミジア予防策として挙げられるもうひとつの方法が、コンドームの着用です。
避妊のために用いられるコンドームですが、粘膜同士の接触によって感染する性感染症を防ぐのにも最適なアイテムなのです。
避妊はもちろんですが、性感染症予防としても、必ずコンドームは着用したうえで行為に及びましょう。

これらの予防策をしっかりしたうえでも、クラミジアに感染してしまうということはあります。
そうなればいかに早く治療できるかが鍵になってきます。
放っておけばおくほど、どんどん症状が悪化していきますので、抗生物質であるクラビットを使って早期治療を目指しましょう。